Thaicuism たいくいずむ

Thai cuisine+ism タイ料理って辛いものだけじゃない! 麺だって、ご飯だって注文したい! 今日、なに食べタイ⁉︎ を徒然に

タイの米粉ヌードルで焼きそば⁉はパッタイだけじゃない!パッシーユもどうぞ ผัดซีอิ๊ว Phad si iu

f:id:riesh000:20181216002646j:image

パッシーユー ผัดซีอิ๊ว Phad si iu

パシユで通じる気もします

タイ料理でパッタイという名前はよく聞くようになりました。

でも今回ご紹介したいのはパッシーユ

パシユ⁉です。

センヤイと呼ばれる米粉の太麺が

やわらかく、もちもちとした食感で

野菜と豚肉、鶏肉、海鮮系

なんでも合います。

好きなものを選んで注文!

シーユーという言葉は

タイの醤油の事みたいで

パッは炒める

つまり

醤油味で炒めた麺類です。

お馴染み⁉

クルワンポン=4種類の調味料セット

がやって来てお好みでお酢やら砂糖やら

唐辛子やらをかけていただきます🍴🙏

 

タイで食べ放題!ムーガタは焼き肉?しゃぶしゃぶ? หมูกะทะ Mu ka tha

f:id:riesh000:20181215235301j:image

ムーガタ หมูกระทะ  Mu ka tha

タイで食べ放題!って言いますと

代表格にあげられるのは

やはりムーカタ、ムーガタ⁉でしょうか?

タイ式焼肉?しゃぶしゃぶにしてもok?というものです。

ジンギスカン鍋に似た形の鍋を七輪のような炭火の上に置きまして

鍋の周りにある溝にスープを注ぎ

肉やら海鮮物を焼いて見たり

スープでしゃぶしゃぶのようにして、見たり…

野菜やキノコ類なんでも入れて

ナムチム(つけだれ)につけていただきます。

食べ放題のお店の場合は

アイスクリームやかき氷、タイのスイーツ

カオパットや魚の丸焼き、タイ風 "すし" ⁉ 

迄あったりします。


f:id:riesh000:20181216000325j:image

↑ の写真は何もまだ乗っていない状態の鍋です。

つけだれは大抵の場合は

何種類かおいてありますが

甘味が強いとか辛さ倍増!等

ちがいは有っても

どれも辛いことが多いと思います。

ナムプラーやライムの絞り汁が

置いてあることも有りますので

これらを混ぜて、

タイ風のポン酢(マナウ酢⁉)

作って

それをつけだれとして食べたりしてます。

締めに 麺!も美味しいのです。

インスタント麺も生麺もあったりします。

お店や価格によって

お肉、海鮮の種類数は変わります。

高くなれば海鮮物が多かったり

サイドメニューが豊富だったり

ビールなど飲み物も

食べ放題料金に含まれているお店もあり

いろんなお店を試してみるのも良いですね。

 

 

 

タイで食べた塩卵で味付けした炒め物 タレー パット カイケーム ทะเลผัด ไข่เค็ม Thale phad khai khem

f:id:riesh000:20181211190003j:image

 ทะเลผัดไข่เค็ม タレー パット カイケム  Thale phad khai khem

タイにはカイケムと呼ばれる塩辛い卵がありまして、味付けの1役として使われることも、しばしば

上の写真はタレー (海鮮)と塩辛い卵を炒めたものです。

カオパット (タイ風チャーハン)の具材として

カイケムを使ったりもしますので

カオパット・カイケム

と注文したり

その他

一緒に炒めてほしい具材の名前と

パット(炒めるの意味)、そしてカイケムと言えば、大体予想しているものが出てくるはず⁉です。

肝心の味ですが

塩辛い卵と言うくらいですから卵自体はホントに塩辛いです。

といっても唐辛子の辛さはないので、

舌にもお腹にも優しい料理ですね。多分・・・

 

卵の中が半熟に近い黄身の状態になっていて

潰して和えると黄身のマイルドさが加わり

食材に塩味とまろやかな味わいが特徴です。

是非一度、お試しあれ

因みにカイケムは

主にアヒルの生卵で作られているそうで
焼いた籾殻とか

塩を混ぜた泥炭状のもので卵をくるんで
10日~3週間程、漬け込んだものだそうです。

塩水でも同じようなものが作れる見たいです。

 

 

タイの調味料入れ クアングプゥング เครื่องปรุง Khruan prun


f:id:riesh000:20181202164958j:image

タイではよく見かける

四種類の調味料を入れてある入れ物を

เครื่องปรุง クアングプゥングと聞こえますが

クルアンプルング Khruan prun 

というそうです。そして

中身の調味料を含めてクルワンポンとも言います。

☆唐辛子が浸けてあるお酢= ナム・ソム・プリック

☆砂糖= ナムターン

☆魚醤= ナンプラー

☆唐辛子粉= プリック・ポン

か入っていることが多いです。

クィティアオ、ラートナー、パッタイにとなんでも

この調味料を使って自分好みの味に仕上げます。

唐辛子入りのナンプラーは別にあったりします。

砂糖を山盛りかけている人有り、お酢

いっぱいかけている人有り。

とにかくテーブルの上の調味料は重要な役割を果たしているようです。

 

 

 

タイでマンゴーデザートといえばカオニャオマムアン ข้าวเนียว มะม่วง Khaw niyw ma muang

f:id:riesh000:20181130231654j:image

マンゴー = มะม่วง ma muang にココナツミルクで甘く炊かれたカオニャオ(もち米) = ข้าวเนียว Khaw niyw

これを一緒に食べるデザートです。

甘いもち米ねぇ〜

って思いましたけど、

ココナツミルクで甘く炊いたもち米は

おはぎみたいなもので

同じく甘さともち米の融合作品ですから

美味しくいただけます。

マンゴーだけで良い!と思う方もいらっしゃると思いますが

是非一度はお試しくださいませ。

米粉ヌードル焼そば パッタイ ผัดไทย Phad thai

f:id:riesh000:20181130231245j:image

ผัดไทย パッタイ Phad thai

タイで米粉を使った麺は定番ですが

このパッタイもその王道を行く料理です。

もやしとニラがアクセントになっている

米粉ヌードル焼そば

卵、豆腐、ピーナッツ、干しエビなどなど

結構色んなものが入ってたりするんですよね。

ちなみに下の写真に添えられているのは

バナナの花です

f:id:riesh000:20181130225842j:image

バナナの花のお味はほぼしません !? というか

渋みがあって微妙〜

でもパッタイ

何食べようかと困った時の

落ち着く一品だったりします。

 

グリーンカレーは通じない!?ゲンキヤオワーン แกงเขียวหวาน Gen Kyao waan

f:id:riesh000:20181130223436j:image

ゲーンキヤオワーン แกงเขียวหวาน

タイ料理の大定番かのような

グリーンカレーですが

意外とタイで口にすることは少ない…

いえいえ、もちろんレストランにもタラート(市場)にも

ありますが、タラートにあるのはちょっとイメージ違うかも

四角い薄いバットに入れられていたりして一瞬、

これグリーンカレーかなぁ?と思ったりします。

カノムチンのお店には大抵?有る?かなぁ…

このグリーンカレータイ語を訳せば甘くて緑の辛いスープ

って感じですかね。

唐辛子の緑にナスやフクロダケ、ハーブが沢山入ってますよね

f:id:riesh000:20181130231201j:image

地元色が強い場所ではグリーンカレーって通じないこともなきにしもあらずです。